またもやブラウンジェリーが発生してしまいました~_~;

 

早期発見できたので、骨格を切除して残りの部分は元気です!

にしてもツツマルハナサンゴが2個体同時にブラウンジェリーに。。。

めちゃくちゃ調子良かった個体なのに。

両個体とも流れがあまり当たらなかった裏側がブラウンジェリーになっていた。

自分なりの理論です。

 

1.水流を見直した方が良いのか。。。

2.殺菌灯のワット数が弱いのか。。。

3.濾過層にろ材を入れバクテリアバランスをキープした方が安定するのか。。。

⒋天然海水を使用してZEOvitの添加剤も使用しているのでバクテリアの異常繁殖なのか。。。

⒌天然海水使用なら添加剤は必要なさそうだかピンホイール型の大型スキマーを導入しているので、添加剤を投入している。過剰添加になっているのだろうか?

 

それとも単に考えすぎか?笑

 

 

image

謎だ。。。

僕の水槽の今のスペックです。

どなたかブラウンジェリー対策教えてください〜〜〜(>人<;)

 

 

水槽スペックは

★水槽60センチのキュービックガラス水槽OF
天然ライブロックが20Kgほど入っています。
サンド(天然で米粒程の大きさのものを床から3センチ程度入れています)

沖縄の天然海水使用
総水量210リットル
立ち上げて1年経過

水換えは5日に40リットル交換。

 

★濾過層

1段目(ウェット濾過槽)が横44センチ、奥行き50センチ、高さ34センチ

2段目(ドライ濾過槽4段)が横10センチ、奥行き50センチ、高さ33センチ

ろ材を入れずにベルリンシステム

 

★殺菌灯
東芝GL15W を濾過槽に照射して使用。
最近球を新品にしました。

 

★照明
グラッシーレディオ27 2灯
(リーフブルー1灯 ディープブルー1灯 )
ガラッシア300ロイヤルブルー 2灯
24W型LEDライト 2W×12灯 光角60°
(アクアブルー系1灯 パープル1灯)

1日10時間タイマーにて点灯
★プロテインスキマー
REEF OCTOPUS DCX-1500sss
(モーター出力全開 バルブ全開で稼働中)

 

★カルシウムリアクター
SNM RSハングオン
(CO2毎秒1回 排出点適量毎秒1回 濾過層へ。
照明用タイマーと連動して電磁弁にて添加)

 

★バイオペレットリアクター
REEF OCTOPUS BP-400
(リーフオクトパス バイオペレットメディア70mlを毎分15リットルの流量で稼働中)

 

★ナノウェーブBOX使用

 

★マグネットポンプ
サンソー PMD-581B2M

 

★クーラー
ゼンスイ ZC-500E
(24.5℃に設定中)
ヒーターは300Wのものを濾過層に設置
サーモスタットはゼンスイクーラーから

 

★水質
比重 1.025
レッドシー マリンケアテストキットを使用
PH8.3
アンモニア0
亜硝酸塩0
硝酸塩0
KH9
★エサ
メガバイトグリーン Sサイズ
メガバイトレッド Sサイズ
クリル

 

サンゴにはチェコ製のCSTESTを規定量の半分の量にして3日に1回添加しています。

 

image

【生体】
スミレヤッコ 8㎝
レモンピール 5㎝
ロックビューティー 8㎝
ワヌケヤッコ幼魚 6㎝
キイロサンゴハゼ
ハナゴンベ 6㎝
チェルブピグミー 4㎝
ナンヨウハギ 4.5㎝
スカンクシュリンプ 1匹
【ハードコーラル】
トランペットコーラル
トランペットコーラル
スリバチサンゴ
ハナガササンゴ(調子悪い)
ハナガササンゴ
コエダナガレハナサンゴ
ツツマルハナサンゴ
ツツマルハナサンゴ
【ソフトコーラル】
コフキウミアザミ
ウミキノコグリーン
スターポリープ
ディスクコーラル
バブルディスクコーラル

マメスナグリーン

シャコ貝

トサカ

 

 

以上です…

 

 

 

The following two tabs change content below.
mutsuyoshi
ブログをご覧になって頂きありがとうございます! DIYが得意でガラス水槽、キャビネット、濾過槽etcを全てオール手作りにて作りました。 沖縄の海でSUPやシュノーケリングをして熱帯魚やサンゴ礁を観察し日々Aquariumに生かすのが僕の趣味です。 水槽の海水は沖縄の天然海水を使い、Aquariumと沖縄の海の素晴らしさをコラボして、このブログにてお伝えしていきます。宜しくお願いします\(^o^)/