こんにちは
いつになくテンションあげあげなむつよしです!

 

 

今日は新たなアイテムを購入したので紹介します!

 

 

2015年 10月販売?された

システムLEDの
『 HISEA A1 SPS ホワイト』
を購入しちゃいました!
(ハイシー・エーワンと言うそうです)

 

 

image

 

 

 

皆さん知ってました?
僕は最近知りました。

 

 

image

 

 

 

香港製のシステムLEDで、本体価格はなんと、、、税抜きで5万円を切るお値段なんです!!!

 

 

image

 

安っすい!!!
今回は、「エキゾチックアフリカ」さんで購入しました。
販売代理店の「ジュンコーポレーション」さんのオンラインショップでは在庫切れだったので、ネットで探しまくり、「エキゾチックアフリカ」さんで購入することが出来ました!

 

 

 

『 HISEA A1 』には、付属として、
アームと吊り下げワイヤーのハンギングキットの2種類が付属されています!

 

 

image

 

 

アームとハンギングキットがセットで5万円を切る価格は本当に格安です!!

 

 

本体の大きさは、直径12㎝、高さが14㎝ほどの小さなライトです。

 

 

image

 

 

ちょうどトイレットペーパー位ですね。笑

 

 

image

 

しかも出力は、
総出力132W (゚o゚;;
(100W駆動・消費電力90.8W)で十分過ぎる位明るいです。
またこんな小さな本体に、冷却用の小型クーリングファン(温度センサー式)が内蔵されています。
クーリングファンはとっても静かな音でOF水槽なら音は掻き消されて聞こえません。

 

 

外観は、EcoTech Marine みたいなハイクオリティな高級感はないかな〜。。。

 

 

『 HISEA A1 』のラインナップは、3種類あり、
● 浅場サンゴ用の「HISEA A1 SPS」。

 

● LPSサンゴ用の「HISEA A1 LPS」。

 

●淡水、水草用の 「HISEA A1 PLANT」。
※「HISEA A1 LPS」は白色LEDチップが搭載されていないそうです。

 

 

 

本体カラーは、ブラックとホワイトの2色で、近々メタルカラーが出るそうですよ。
加えて、メインランプとサブランプが販売されていて、2台以上増設する場合は、少し価格が安いサブランプを購入すれば、有線になりますが増設できます。
メインランプの重さは、約1,000gです。
僕の水槽はフランジがあるので、ハンギングキットで吊るします!

 

 

スペックはというと、4chに分かれており、1日を9つの時間帯に分け、時間もそれぞれのchを1分単位で設定出来ます!

 

 

image

 

 

 

プログラムモード

 

image

 

 

LEDチップは全部で 44個。

 

 

image

もちろんUVチップもあるのでミドリイシの飼育にもってこいです(*^o^*)

 

 

image

 

 

image

 

 

また本体には、Wi-Fiが内蔵されており、iPhoneやiPad、スマートフォン(Android)で設定ができるので、アプリをダウンロードするだけで、ネット環境がなくても使用できるのです*\(^o^)/*

 

ワイヤレスで設定できます!!!

 

 

 

 

それぞれのchのカラーはこんな感じです。
出力100%で撮影しています。

※ スマホ撮影なので、画質は目安でm(_ _)m

 

 

 

マニュアルモード
ch1.  ホワイト

 

image

 

 

image

 

 

 

ch2.  リーフブルー

 

image

 

 

image

 

 

 

ch3.  バイオレット

 

image

 

 

image

 

 

 

ch4.  ディープブルー

 

 

image

 

image

 
全灯フルch.

 

image

 

image

 

 

 

広角は90度のレンズが中央に有り、照射角は60㎝×60㎝です。

僕の水槽は60㎝キュービックなので、
「HISEA A1」1台でまかなえます。

 

 

スペクトルやルーメン等の詳細なデーターは
販売代理店「ジュンコーポレーション」さんのブログをご覧になってくださいね。

http://juncorporation.jp/blog-entry-411.html

 

 

 

沢山あるシステムLEDの中で、
僕がなぜ『 HISEA A1 』を選んだかとゆうと、

 

 

① 高出力でハイスペックなのに 価格が安い!

 

 

② 設定時間時に急に色が変わるのではなく、ゆっくりと色が変わるところ。

 

 

③ 本体が小さい。

 

 

④ すでに中心のLED基盤が単体で販売されている。しかも1万円半ばで購入できる。
バージョンUPしてもユーザーがドライバー1本で「LED基盤」を交換できる。

 

 

⑤ 故障や修理の際の「ジュンコーポレーション」さんの対応の良さがネット上で評判で高評価を得ている。沖縄のショップさんも「ジュンコーポレーション」さんは、対応が早く親切だと話していた点です。

 

 

 

 
最初は、どのシステムLEDにしようかずっと悩んでいました。
第1希望は、
「EcoTech Marine XR30W G3 PRO」

でも、クーリングファンが水面に向いているのと、スマホでコントロールするには、別で「ReefRink」を購入してTOTAL 15万円強になってしまう。

 
第2希望は、
「AI HYDRA 26 HD」を2台。

でも赤色LEDが多く光の色がパープルに近い。

2台購入すると、13万円以上になる。

 
第3希望は、
「Kessil AP700」
これは、高出力で気に入っていたのですが、レンズとレンズの幅が離れている為、60㎝キュービック水槽には無理と結論しました。

 
そんな中、ネットで探したら
「HISEA A1 SPS」に出会う事ができました。
1点だけ心配なのは、耐久性ですね。
「Maid in China」。。。

 

 

でもiPhoneも 製造元は Maid in China ですよね。
「HISEA A1」耐久性を期待してます(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

これで、このクソ重いLEDライト達ともおさらばです。

 

image

 

 

ホントにクソ重い!!
でも、クラマタ産業の「ガラッシア ロイヤルブルー」の10万ケルビンのブルーは気に入っているので、補助灯で併用します。
そして、なぜ僕がシステムLEDを購入したのか?

 

 

はいっ。
それは、僕は3週間後に引越しするからです!!!

 

 

引越し先の天井は、木天井なので軽いライトでないと吊るせませんから。
ですから新居で「HISEA A1」を取り付けするまで、しばらくシステムLEDは待機です。

 

 

何処に水槽を置こうか悩み中です   *\(^o^)/*

 

 

image

 

 

引っ越し先は今のところから、車で1分の場所なので、サンゴや魚達のストレスも最小限になることでしょう!!

 

 

水槽の引っ越しの為に1日取り分けました^_^

 

 

 

『HISEA A1』を設置したら、またUPしますね。
それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.
mutsuyoshi
ブログをご覧になって頂きありがとうございます! DIYが得意でガラス水槽、キャビネット、濾過槽etcを全てオール手作りにて作りました。 沖縄の海でSUPやシュノーケリングをして熱帯魚やサンゴ礁を観察し日々Aquariumに生かすのが僕の趣味です。 水槽の海水は沖縄の天然海水を使い、Aquariumと沖縄の海の素晴らしさをコラボして、このブログにてお伝えしていきます。宜しくお願いします\(^o^)/